梅毒性肝炎:一般的な疾患の珍しい症状 | Milleur beauty

症例報告

三十九歳の男性患者は、低悪性度の発熱、食欲不振、倦怠感および上腹部の痛みを訴え、10日間の暗色の尿と一緒に患者部門(OPD)に提示した。 患者は、過去40-50年間毎日アルコールのグラムを消費する3の歴史を与えました。 薬物乱用や輸血の既往はなかった。

検査では、正常なバイタルサインを伴う黄疸の存在が明らかになった。 腹部検査ごとに2cm、しっかりした、脾腫または腹水のない非入札肝腫大を明らかにした。生化学的分析により、血清ビリルビン3.5mg/dl(正常0.0-1.5mg/dl)、血清アラニントランスアミナーゼ(ALT)357IU/ml(正常<50)、血清アスパラギン酸トランスアミナーゼ(AST)175IU/ml(正常<45)および血清アルカリホスファターゼ536iu/ml(常態20-135)。 A型肝炎,B型肝炎,C型肝炎,E型肝炎のスクリーニングは陰性であった。 超音波腹部は、正常なエコー textureと16.4センチメートルの肝臓スパンと肝腫大を明らかにしました。 磁気共鳴胆管すい管造影(MRCP)では,スペース占有病変,リンパ節腫脹または余分な肝胆汁うっ滞を伴わない肝腫大を確認した。

患者はおそらくアルコールまたは非hepatotropicウイルスによる急性肝炎を有すると考えられた。 患者は血清ビリルビン(1mg/dl)、AST(90IU/ml)およびALT(152IU/ml)の退行を伴う臨床的回復を示していたが、アルカリホスファターゼ(711IU/ml)の上昇を伴っていたため、急性期

戻って報告するには、彼は激しくかゆみ発疹と皮膚科OPDに提示しました。 検査では首,体幹,手のひら,足底に多発性紅斑性丘疹と斑を認めた。 Buschke Olendroffサインは陽性であった。 両側性,非圧痛,しょう性鼠径リンパ節腫脹,軟口蓋のうっ血,後咽頭壁が認められた。 生殖器、直腸あたり、眼科および聴覚検査は正常であった。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。 オブジェクト名はIJD-59-209e-g001です。jpg

両手のひらの上に紅斑性鱗状黄斑および丘疹

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。 オブジェクト名はIJD-59-209e-g004です。jpg

紅斑性黄斑および丘疹

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。 オブジェクト名はIJD-59-209e-g002です。jpg

軟口蓋の混雑

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。 オブジェクト名はIJD-59-209e-g003です。jpg

紅斑性黄斑と首の上の丘疹

患者は、過去二年間に複数のパートナーとの繰り返し保護されていない異性愛者の性交の病歴を与えた。 性感染症を示唆する症状はなかった。

梅毒性肝炎を伴う二次性梅毒の仮診断を行った。 VDRL力価は1であった:1 6であり、TPHAは陽性であった。 肝生検では,kupffer細胞過形成を伴う肝アーキテクチャが維持されている梅毒性肝炎,肝小葉に軽度の好中球浸潤を伴う門脈管のリンパ球性および好中球浸潤を示し,壊死,肉芽腫,ガムまたは淡蒼球トレポネーマはなかった。 レチクリン染色では門脈周囲の早期線維化が認められた。 HIVに対するELISAは陰性であった。 陽電子放出トモグラフィー(PET)スキャンでは肝腫大と後腹膜,肺門,縦隔,両側えきか,鼠径および外腸骨リンパ節の存在が認められた。 患者は、毎週与えられた筋肉内ベンザチンペニシリン2.4万単位の3用量で治療されました。 そうよう性の解消と粘膜皮膚所見を伴って無症候性となった。 血清ビリルビン、ALT、AST値の正常化およびアルカリホスファターゼ(383IU/ml)の減少があった。

画像、イラストなどを保持する外部ファイル。 オブジェクト名はIJD-59-209e-g005です。jpg

Kupffer cell hyperplasia, lymphocytic and neutrophillic infiltration of portal tracts with mild neutrophillic infiltrate in hepatic lobules

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。