診断メニエール病におけるMRI:証拠は何ですか? Victor Osei-Lahによってレビューされた

メニエール病(MD)の診断における磁気共鳴イメージング(MRI)の有用性は、最近多くの関心を集めている。 嚢は内リンパ水腫(EH)によって影響される最も一般的な前庭器官であり、研究はmri上の嚢および蝸牛におけるEHのin vivo視覚化に焦点を当てていること これは刺激的な研究分野ですが、文献には矛盾する発見がありました。 著者らは、PRISMA基準を用いて現在の証拠の系統的レビューを行った。 52個の個々の記事から、13個のケースコントロール研究833個を含む分析に含まれていました。 著者らは、hydropsプロトコルのためのMRIシーケンスの物理的基礎、落とし穴と個々の研究で使用される基準の品質に焦点を当てました。 出版物の大半では、MRIのEHを示すことは逆転の回復(IR)順序か重く重くされたT2勾配のエコー順序に頼った。 出版物の大半は前者を使用していました。 6つの研究では、3D-FLAIR、3D-CISSとT2Wのそれぞれ2つ、CISS、T2W-FIESTA、T1W/T2Wのそれぞれ1つが関与していました。コントラスト拡散法(ガドリニウムベースの造影剤-GBCA)のプロトコールの変動性とは別に、異なる研究者によってEHがどのように等級付けされたかには大きな変動がありました。 例えば、ehを三つのカテゴリーに分類する:なし、軽度および有意、蝸牛および前庭の両方;および嚢からutricle比反転(SURI)。 著者らは、EHを視覚化するための最も一般的な配列は、静脈内GBCAと組み合わせた3D-FLAIRであったことに留意した。 しかし、内リンパから外リンパを識別するために重要である反転時間は、3D-FLAIR研究のほとんどでは記載されていませんでした。 もう一つの結論は、SURI法を用いてe Hを嚢内で確実に視覚化できるということであった。 MDにおけるMRIの役割を混乱させるために、著者らは、前庭片頭痛、急性低周波感音難聴(めまいなし)、難聴にかかわらず耳鳴り、および自己免疫性内耳疾患の患者でEHを実証した研究があることを指摘している。 このレビューは、MDの診断におけるMRIの複雑さを明らかにしているが、より多くの研究が必要であることは明らかである。

メニエール病の診断のための磁気共鳴イメージングの系統的レビュー。Jose A.Lopez-Escamez JA,Attyé A.
前庭研究ジャーナル2019;29:121-9.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。