細胞内輸送

多くの細胞は永久に分極されており、これは表面タンパク質がその機能に応じて原形質膜の異なる領域に選択的に局在していることを意味する。 例えば、内皮細胞は、基底層に接触する表面上に接着分子を有するが、血液から分子を取り込む受容体(例えば、内皮細胞は、基底層に接触する表面上に接着分子を有するが、内皮細胞は、基底層に接触する表面上に接着分子を有する)。 トランスフェリン受容体-下記参照)は、血液と接触している細胞の表面に位置する。 細胞表面分子は、通常、膜の平面内で横方向に拡散することができるが、脂質ラフトなどの特定の領域から除外されるか、またはそこに濃縮され得る。 しかし、腸内の上皮細胞のようないくつかの細胞では、原形質膜は基底外側ドメインと頂端ドメインと呼ばれる二つの異なるゾーンに分割され、細胞の この構造は、隣接する細胞間の細胞外空間を通る分子の自由な拡散を厳しく制限し、他の多くの組織に見られる。

基底膜は、リン脂質二重層ではなく、細胞外マトリックスのシートであるという事実を強調するために、基底膜と呼ばれることが多い。

例えば、脳内の血管内の内皮細胞は、いわゆる血液脳関門に寄与する血液と脳組織との間の障壁を形成する連続的なタイトジャンクションのリング タイトな接合はまた、あるゾーンから別のゾーンへの原形質膜内のタンパク質および脂質の横方向の拡散を防止する。

  • 細胞膜のそのような分化したゾーンを有する細胞内の輸送系にこれがどのような要件を置くかを予測する。

  • タンパク質および脂質は、異なる経路によって基底外側または頂端領域のいずれかに誘導されなければならない。

これらのゾーンに宛てられたタンパク質は、最初にゴルジ装置でソートされ、膜の適切なゾーンに向けられる前に異なる小胞に包装される(図10)。 シグナルを分類することは蛋白質が正しい地帯に達し、endocytosisによって内部化されればそこに戻ることを保障するbasolateral膜のために予定される蛋白質のc末端で識別されました。

図10原形質膜の基底外側および頂端ゾーンは、腸の内腔を覆う上皮細胞上に示されている。 細胞間の緊密な接合は、膜の2つのゾーンを分離する。 各ゾーンのために意図されたタンパク質は、トランスゴルジネットワークで別々の小胞に分類されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。