商業DUI規制

findlawの法的作家と編集者のチームによって作成されました/最終更新October24,2018

バス運転手、トラック運転手、および商業運転免許証(CDL)を持つ他の専門家は、連邦自動車運送安全局(fmcsa)によって確立されたように、障害運転に関して非商業運転者よりも高い基準。 そして正当な理由で。 彼らの貨物がガソリンでいっぱいのスチールタンクであろうと、小学生が詰め込まれたスクールバスであろうと、賭け金は典型的な自動車運転手よりもはるかに高い。 飲酒や薬漬けの商業ドライバーは、公共の安全に深刻な脅威をもたらすだけでなく、彼または彼女の雇用者に深刻な責任です。

ここでは、商業ドライバーによる薬物やアルコールの使用に関するFMCSA規制の対象となる可能性のあるドライバーや雇用者のいくつかの例があります:

  • 商業用自動車を所有またはリースする人、
  • 商業用自動車を運転するドライバーを割り当てる人、
  • 連邦、州および地方自治体、
  • 雇用用自動車運ほとんどの州は、商業運転者とアルコールのためのFMCSA規制を採用しており、0.04パーセントの血中アルコール濃度制限を設定しています。 これは、ほとんどの州で非商用ドライバーのBAC制限の半分です。 FMCSAの規則はまた、商用運転者がアルコールを使用してから四時間以内に商用車を操作してはならないことを規定しています。

    商業運転者のためのアルコールおよび薬物検査

    商業運転者は、事故後、合理的な疑いがある場合、またはアルコール政策違反後に義務に戻る条件として、無作為にアルコール検査に提出する必要がある場合があります。 アルコール検査に加えて、FMCSA規制は、次の状況での薬物検査を可能にします: 合理的な疑いがある雇用の条件として、事故の後、および薬物政策違反に続く義務に戻る条件として。 次の薬剤は頻繁に選別されます:マリファナ、コカイン、アンフェタミン、アヘンおよびphencyclidine(PCP)。

    飲酒運転の疑いで引っ張られたとき、商業運転手はまた、血中アルコール検査に提出することを拒否するための厳しい罰則に直面しています。 FMCSA規則の下では、血中アルコール検査を受けることを拒否することは、飲酒運転の有罪を認めることと同等です。

    商業DUIの影響

    Bacレベルの下限を除いて、仕事中に運転障害を受けたCDL保有者は、非商業DUI被告と同じ刑法手続きの対象となります。 下げられた血中アルコールの限界に加えて、商用車のDUIは従来のDUIより長い免許証の懸濁液で起因できる。 これは、商業運転手の生活の喪失を意味する可能性があります。

    さらに、駐車違反以外の交通違反で有罪判決を受けたCDL保有者は、その時点でどの車両が運転されたかにかかわらず、30日以内に雇用主に通知しなけ 例えば、勤務中に彼の個人的な車の中で飲酒運転で有罪判決を受けたトラック運転手は、彼の雇用主に通知する必要があります。 DUIが中断または取り消されたライセンスになる場合、彼の雇用主は、ライセンス制限の期間中、運転手として彼を雇用することを禁止されています。 商業ドライバーとして継続したい方は、彼らの記録に飲酒運転で雇用を確保することは非常に困難見つけることができます。

    あなたの商業DUIの場合の法的助けを得なさい

    商業DUIはそれと非商業充満と関連付けられる通常の罰金および他の罰を運ぶだけでなく、生 賭け金は高いので、重要な法的決定を下す前に地元のDUI弁護士に相談することは理にかなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。