亜鉛メッキ爪とは何ですか?

亜鉛メッキされた爪は保護亜鉛コーティングで覆われています。
亜鉛メッキされた爪は、保護亜鉛コーティングで覆われています。

亜鉛メッキされた爪は、建設に使用される爪の特別なタイプです。 それらは保護障壁を形作るために亜鉛コーティングでそれらを覆うことを含む特別な亜鉛めっきプロセスを経た。 この障壁はまた障壁自体が傷つくようになれば金属の内部が前にコーティングが分解することを意味する犠牲的な陽極として働きます。

亜鉛メッキされた爪は簡単に錆びないので、建設に適しています。't rust easily, making them preferred for construction.
亜鉛メッキされた爪は簡単に錆びないので、建設に適しています。

細かい白いほこりである酸化亜鉛は、下の金属の表面を破壊せず、爪の完全性を破壊しないため、爪をコートするために使用されます。 亜鉛が提供する保護バリアには、酸化の防止を含む多くの利点があります。 このように、電流を通された釘は錆および腐食に対して非常に抵抗力があります。

熱いすくいの電流を通すことは頻繁に鋼鉄ケーブル、シートおよび釘に塗るのに使用されます。
熱いすくいの電流を通すことは頻繁に鋼鉄ケーブル、シートおよび釘に塗るのに使用されます。

多くの亜鉛メッキされた爪は、電気めっきとも呼ばれる電気めっきと呼ばれるプロセスを通じて亜鉛めっきの薄い層を受けます。 このプロセスにより、導電性金属は電流の助けを借りて亜鉛メッキされる。 これは亜鉛の滑らかな、コートで起因します。 しかし電気めっきによって電流を通された釘は塩水のような腐食性材料への絶え間ない露出に抗することができません。 したがって、この目的のために必要な釘は、溶融浸漬プロセスで作成されるべきであり、その結果、亜鉛の層がはるかに厚い。

亜鉛めっき-鋼または鉄への保護亜鉛コーティングの適用-は、多くの場合、生産工場で特別な機械を使用して行われます。
亜鉛めっき-鋼や鉄への保護亜鉛コーティングの適用は、多くの場合、生産工場で特別な機械を使用して行われます。

伝統的に、亜鉛めっきのコーティングの有効性をテストするために使用される方法は、塩水噴霧に対する耐性を決定することです。 薄いコーティングが付いている電流を通された釘は長い一定期間のためのこれらのタイプの表面の摩耗に抗してないが少数の注意が心に留められ

亜鉛メッキ爪は、通常、屋外のプロジェクトのために住宅所有者によって使用され、電気めっきで作られたものは、多くの場合、明るく光沢があります。

それらはこれらの森の酸そして化学薬品が亜鉛コーティングで食べるのでredwood、ヒマラヤスギ、または扱われた製材と使用されるべきよい選択ではない。 これにより釘は錆つき、木の釘のまわりで黒い縞を残します。 代わりに、鈍い灰色の機械的に亜鉛メッキされた爪を使用する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。