事故をもたらすために失敗

弁護士マット-ハーディン 運転手が道の権利を得られないとき、彼は彼の周りの人々を危険にさらします。 毎日、Matt Hardin LawのNashville car accident lawyersは、過失ドライバーによって負傷した人々を助けます。 あなたが事故をもたらすために失敗してドライバーによって負傷した場合は、補償を受ける権利があります。

降伏に失敗したドライバーは、テネシー州で毎年何千もの事故を引き起こします

2013年に、道の権利を降伏に失敗したドライバーは、25,000以上の事故 追跡されたすべての要因のうち、歩留まりの失敗は、あまりにも密接に次の背後にある二番目に多くの事故を引き起こしました。 故意でなくても、道の権利を得られない運転手は過失を犯した可能性があり、怪我をした人は裁判制度で補償を追求することができます。

過失ドライバーの犠牲者は、訴えることができます

道の権利を得ることができなかったドライバーによって負傷した人は、テネシー州の裁判所で過失訴訟を提起することができます。 このような行動に勝つためには、原告は三つの重要な要素を証明しなければならない:

まず、原告は被告が彼女に義務を負っていることを証明しな 自動車事故のケースでは、原告が事故を起こしたドライバーを訴えた場合、これはかなり簡単です。 テネシー州のすべてのドライバーは、道路上の他のすべての状況を与えられた合理的に動作する義務を負っています。

第二に、自動車事故の原告は、被告がこの義務に違反したことを証明しなければなりません。 再度、これは頻繁に車の事故の場合の簡単な提案である。 適切に道の権利を得られないことは、合理的に行動する義務の違反です。 被告は、責任を負う義務に違反することを意図している必要はありません。

第三に、テネシー州の法律は、原告が近接因果関係を証明することが必要です。 言い換えれば、被告の行動—義務違反—は原告の傷害の原因であったに違いない。 被告が降伏しなかったことが原告を負傷させた事故を引き起こした場合、これは因果関係を構成する。過失事件の本質的な要素とは別に、原告が考慮すべき他の要因があります。

過失事件の本質的な要素とは別に、原告が考慮すべき他の要因があります。

ネシー州の一年間の時効と変更された比較障害の状態のルールは、いつ、過失訴訟を提出するかどうかに影響を与えます。 さらに、被告が安全関連法令に違反した場合、原告は”過失そのもの”の訴訟を提起することを検討することができる。 過失自体は、実際にその違反によって引き起こされる害の種類を防ぐことを目的とした法律の違反があった場合に過失が推論される法的概念で 事故をもたらす失敗の犠牲者は知識がある代理人の助言でこれらおよび他の決定をするべきである。

降伏に失敗したドライバーは、損害賠償責任を負うことができます

過失ドライバーによって負傷した人が成功した訴訟を提起したとき、彼女は 過失運転者は、医療、失われた賃金、および個人的な物的損害などの原告の財政的傷害のすべてを原告に弁償しなければならない。 さらに、原告が心理的、物理的、または感情的な傷害—例えば、痛みや苦しみ、または精神的苦痛—を経験した場合、過失運転手もそれらの傷害を補償しなけれ いくつかのケースでは、懲罰的損害賠償も利用可能な場合があります。

経験豊富なナッシュビルの傷害弁護士を雇う

事故をもたらすために失敗した犠牲者は、テネシー州で法的権利を持っています。 方法の権利を得なかった過失ドライバーによって負傷している場合は、テネシー州の車の事故の弁護士は、個人的な傷害の補償を追求する最良の方法を決定することができます。 マットHardinの法律はナッシュビルからのそして州中の無数の顧客が彼らの傷害から回復するのを助けた。 無料のケース評価をスケジュールするには、(615)200-1111に電話するか、お問い合わせページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。