ロボット心臓手術レビュー

心臓手術は、伝統的に、多くの場合、重要な併存疾患を有する患者を治療することを含む技術的に要求の厳しい専門 最も汎用性の高い切開とみなされているが、胸骨切開法は、より長い切開、術後の胸骨予防措置、および潜在的に長い入院と回復を含むいくつかの欠点 1995年に低侵襲心臓手術が導入されて以来、ロボットシステムの使用が人気を博しています。 ロボット工学のための最も一般的なアプリケーションは、単一および二重血管冠状動脈バイパス移植(CABG)、僧帽弁(MV)置換、および、はるかに低い頻度で、左心房腫瘍の切除と心房中隔欠損(ASD)の修復されています。 優秀なMV修理率、冠状reinterventionのための最低の必要性、および消失して低い罹患率のプロフィールによって、ロボティック外科は練習の外科医の成長している いくつかの研究では、非ロボット心臓手術を受けた患者と比較して、ロボット支援心臓手術を受けた患者の滞在期間、合併症、および死亡率が有意に減少していることが示されている。1,2

MV修理

最初に報告されたロボット支援MV交換後二十年、3、4単一センターの経験と国家データベースのデータに関する報告いくつかの研究は、この手順の有効性と実現可能性を確立しています。典型的には、手術戦略には、心肺バイパス(CPB)のための大腿骨カニューレ、右胸郭における8〜1 2mmの切開によるロボットアームの展開、およびChitwood clamp(Scanlan International,Inc;St Paul,MN)を用いた大動脈交差クランプ、または大動脈内バルーン閉塞が含まれる。 Cleveland Clinic7の最近の大規模なセンター研究では、ロボット一次MV手術を受けている最初の1,000人の患者の短期的な転帰について報告されています。 コホートのほとんどすべての患者は重度の僧帽弁逆流を有していた(一つは僧帽弁狭窄症を有し、一つは線維芽細胞腫を有していた)。 単離された後部小葉脱出は80%で見られ、単離された前小葉脱出は2.5%で、双葉脱出は17%で見られた。 最初の200例の後、CPBと大動脈クロスクランプ時間の両方がそれぞれ約120分と80分で安定しました。 手術時に行われた付随する手順には、心房細動のアブレーションが7.2%、ASD閉鎖が9%、三尖弁修復が0.2%であった。 MV修復率は99.5%であった。 部分的または完全な胸骨切開への転化率は2%であり、ミニ開胸への転化率は2.3%であった。 手術死亡率は0であった。1%、脳卒中率は1.4%であった。 同様の所見は、Murphyらによる別の大規模なコホート研究で観察された。アトランタでは8月、ロボット技術を用いたより高度な横方向内視鏡アプローチを用いたロボット分離MV手順を受けている1,257人の連続した患者。 患者コホートには、Cleveland Clinicの研究よりも有意に大きな併存疾患を有する患者が含まれていた。 しかし、オープン胸骨切開術への平均変換はまだ5%未満であり、MV修復率は93%であり、平均CPBと大動脈クロスクランプ時間はそれぞれ144分と82分であった。 術後心房細動の発生率は12.5%で開いた手術のそれに匹敵した。9,10再手術の必要性は、患者の2.6%に存在し、1.7%に出血していた。 他のすべての合併症は1%未満の割合を有していた。 さらに,累積生存率は,開放M V修復または置換を受けている重度の虚血性僧帽弁逆流患者の文献で観察されたものよりも大きかった。11

CABG

最初に正常に行われた完全に内視鏡的冠動脈バイパスの画期的な出版以来、12冠動脈血管再建のための低侵襲技術の使用は有望な結果 2006年から2012年までの胸部外科医の社会成人心臓手術データベースの研究では、ロボット支援CABGの量の増加を発見し、非ロボットCABGと比較した場合、手術周囲の死亡率に差は認められなかった。13 2013年、Bonaros et al. ロボット完全内視鏡冠動脈バイパス手術の500例からの結果を提示しました。Da Vinci SおよびSiモデル(Intuitive Surgical,Inc;Sunnyvale,CA)を使用し、3つの1cmポートを左胸部(または右冠状動脈が移植されている場合は右胸部)に導入した(図1〜2)。 逮捕された心臓完全内視鏡的冠動脈バイパスは78%で使用され、鼓動する心臓完全内視鏡的冠動脈バイパスは22%で使用された。 逮捕された心臓完全内視鏡的冠動脈バイパスの場合,大腿CPBを施行した。 シングル、ダブル、トリプルおよび四重血管完全内視鏡的冠動脈バイパスは、それぞれ67%、30%、3%、および患者の0.2%で行われた。 成功率は80%であり、安全率は95%であり、患者の10%で胸骨切開への変換が行われた。 ロボットCABG(1,482完全内視鏡的冠動脈バイパス;1,465非完全内視鏡的冠動脈バイパス)を受けている2,947人の患者の最近のメタアナリシスは、30日死亡率0.3%非完全内視鏡的冠動脈バイパスと0.9%完全内視鏡的冠動脈バイパスのためを示した。 しかし、後期死亡率に関しては、非完全内視鏡的冠動脈バイパスでは3.2%、完全内視鏡的冠動脈バイパスでは2.4%であった。さらに、Wangらによる1 6研究のメタアナリシス(メタアナリシス)が挙げられる。 CABGのロボット工学の利用が死亡率の増加、主要な不利な心臓およびcerebrovascularでき事、または再介在のための必要性をもたらさないことを結論しました。16オープン手術と比較して同様または潜在的に低い死亡率から離れて、CABGでのロボットシステムの適用は、特定の利点を提供します。 その低侵襲性の性質のために、ロボットCABGは創傷感染率が低い(0.3%)と関連しており、冠動脈血管再建を必要とする患者は、典型的には体重指数>25kg/m2および糖尿病を有するという事実を考えると重要である。 これら二つのパラメータは,従来のCABGにおける手術後の創傷感染の危険因子であることが知られている。17

図1

図1
×

図1

図1
画像礼儀著者、T.スローンガイ、MD、FACC。

Image courtesy of author, T. Sloane Guy, MD, FACC.

Figure 2: Robotic Mitral Valve Repair Ports

Figure 2
×

Figure 2

Figure 2
Image courtesy of author, T. Sloane Guy, MD, FACC.

Image courtesy of author, T. Sloane Guy, MD, FACC.

結論

心臓手術におけるロボット工学の適用は、伝統的な胸骨切開術と比較して低い死亡率および罹患率と関連している。 その結果、心臓手術(CABG、MV置換、腫瘍切除、およびASD修復)の分野におけるロボット技術の利用は、時間の経過とともに成長し続けています。 我々は、低侵襲アプローチの多くのよく文書化された利点は、将来的にはロボット手術の採用を駆動し続けることを期待しています。

  1. 柳川F、ペレスM、ベルT、グリムR、マーティンJ、Ahuja V。 非ロボット対ロボット支援心臓手術における重要な結果。 JAMA Surg2015;150:771-7。
  2. Deeba S,Aggarwal R,Sains P,et al. 心臓ロボット工学:レビューとセントメアリーの経験。 2006年2月16日から20日にかけて放送された。
  3. Carpentier A,Loulmet D,Carpentier A,et al. ビデオ手術およびminithoracotomyの下の開いた中心操作。 最初の症例(僧帽弁形成術)は成功して手術した。 C R Acad Sci III1996;319:219-23.
  4. フォークV、ヴァルター T、オートシュバッハR、ディーゲラー A、バッテッリーニR、モーアFW。 ロボット助けられた低侵襲性の単独の僧帽弁操作。 J Thorac Cardiovasc Surg1998;115:470-1.
  5. Paul S,Isaacs AJ,Jalbert J,et al. ロボット支援僧帽弁修復の人口ベースの分析。 Ann Thorac Surg2015;99:1546-53.
  6. Mihaljevic T,Jarrett CM,Gillinov AM,et al. 従来のアプローチに対する後部僧帽弁脱出のロボット修復:可能性が実現しました。 J Thorac Cardiovasc Surg2011;141:72-80.
  7. Gillinov AM,Mihaljevic T,Javadikasgari H,et al. ロボット支援僧帽弁手術の初期の結果:最初の1000例の分析。 J Thorac Cardiovasc Surg2018;155:82-91.e2.
  8. Murphy DA,Moss E,Binongo J,et al. 僧帽弁手術における内視鏡ロボットの拡大の役割:1,257の連続した手順。 Ann Thorac Surg2015;100:1675-81.
  9. Magruder JT,Collica S,Belmustakov S,et al. 保存された駆出率を有する患者における単離された僧帽弁修復後の遅発性心房細動の予測因子。 JカードSurg2016;31:486-92.
  10. Gregers E,Ahlberg G,Christensen T,et al. 僧帽弁逆流を伴う心房細動患者の深い配列決定は、モザイクの証拠を示さないが、新規のまれな生殖系列変異体を明らかにする。 2017年(平成14年)15月31日-8月31日に放送された。
  11. Goldstein D,Moskowitz AJ,Gelijns AC,et al. 重度の虚血性僧帽弁逆流の外科的治療の二年間の成果。 N Engl J Med2016;374:344-53.
  12. Loulmet D,Carpentier A,D’Attellis N,et al. ロボティック助けられた器械の援助と接木するEndoscopic冠状動脈のバイパス。 J Thorac Cardiovasc Surg1999;118:4-10.
  13. Whellan DJ,McCarey MM,Taylor BS,et al. ロボット支援冠動脈バイパス移植の動向:胸部外科医の社会の研究成人心臓手術データベース、2006年から2012年。 Ann Thorac Surg2016;102:140-6.
  14. Bonaros N,Schachner T,Lehr E,et al. ロボット完全内視鏡冠動脈バイパス移植の五百例:成功と安全性の予測因子。 Ann Thorac Surg2013;95:803-12.
  15. Doulamis IP,Spartalis E,Machairas N,et al. 心臓手術におけるロボット工学の役割:体系的なレビュー。 2019年13月41日から52日まで放送された。
  16. 王S、周J、カイJF。 伝統的な冠動脈バイパス移植片対完全内視鏡的冠動脈バイパス移植片またはロボット支援冠動脈バイパス移植片-16研究のメタアナリシス。 Eur Rev Med Pharmacol Sci2014;18:790-7.
  17. Hällberg V,Palomäki A,Lahtela J,et al. メタボリックシンドロームと糖尿病とCABG後の16年の生存との関連。 2014年13月25日に発売された。
共有を介して:

臨床トピック: 不整脈および臨床EP、心臓外科、侵略的な心血管の血管造影および介在、Valvular心臓病、心房細動/上室性不整脈、心臓外科および不整脈、心臓外科およびVHD、介在お: 心臓外科手術、心房細動、僧帽弁不全、胸骨切開術、開胸術、冠状動脈、僧帽弁狭窄症、危険因子、心肺バイパス、発生率、コホート研究、滞在期間、フィージビリティスタディ、狭窄、僧帽弁、ロボット工学

<リストに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。